カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Suma

Author:Suma
東北の田舎でロボット開発に励んでいます。
現在のメインはマイクロマウス。目指すは東北地区大会優勝!!

ご注意
・当ブログはリンクフリーです ・当ブログの掲載情報を元に行った行為によって何らかの損害が生じたとしても管理人は一切責任を負いません。予めご了承ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
材料はコチラ
センサと柱

発光側の赤外LEDをTLN103Aに変更
受光側のTPS603Aと同パッケージなので柱の加工が楽である

φ3で穴を開けた状態
すこしずれているのはキニシナイ
φ3で穴あけ

センサを入れてみる
ぴったりである
ぴったり

次にセンサ素子の加工
手元に細い線がなかったので仕方なくフラットケーブルで対応
センサ素子から線出し
センサ素子から線出し2

ここで問題発生
フラットケーブルが太すぎて柱の底にあけた穴を通らない…
ちょっと悩んだ結果、柱を追加工
結果このようになりました
ケーブルを通す
センサ付き柱×2

いよいよ迷路へ組み込み
発光側
受光側
裏側


PSoCのテスト環境と接続
ちゃんとAD値が読めているのでハードの動作はOK
タイマーテスト風景


先週作っておいたやっつけのソフトでラップタイマーとして動作することを確認
チャタリング除去とかLCDの表示がまだ適当なのでもう少しソフトを作りこもう

2010/07/29(木) 22:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


探索済み区画
これまで
区画を探索
検索フォーム
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。