カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Suma

Author:Suma
東北の田舎でロボット開発に励んでいます。
現在のメインはマイクロマウス。目指すは東北地区大会優勝!!

ご注意
・当ブログはリンクフリーです ・当ブログの掲載情報を元に行った行為によって何らかの損害が生じたとしても管理人は一切責任を負いません。予めご了承ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
村田のマイクロブロアMZB1001T02の動作テスト
仕様書に記載されている駆動推奨回路を組んでみた
マイクロブロアテスト回路

オペアンプの出力電流を稼ぐトランジスタアレイはHN1B04Fが入手できなかったので、LM7321MAを購入したRSで似たようなトランジスタアレイBC817UPNを選択

消費電流は推奨回路の0Ω抵抗の部分を10Ωにしてその抵抗の両端の電圧を測定
電源電圧は24V/1AのACアダプタ(梅沢無線で購入)を使用

ブロア動作中に抵抗の両端を測定した波形
マイクロブロア消費電流10Ω両端

約50kHzで388mV~156mVで変動している
10Ωの抵抗の両端の電圧なので、電流に換算すると38.8~15.6mA
50kHzはブロアの駆動波形が25kHzだったのでその倍の周波数で消費電流が変化するのか

ブロアの両端の駆動波形
マイクロブロア駆動波形ブロア両端

CH1がOUT2、CH2がOUT1
OUT1側はほぼR3とR4で分圧しているため電源電圧の約半分
OUT2が電源電圧をセンターに±10Vくらい

なんとかブロアは動作したが、現状では知能ロボコンのボールを吸い取るのは厳しそうな気がする
カバーを作って実際に吸い付けられるか試してみよう

2013/05/01(水) 22:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


探索済み区画
これまで
区画を探索
検索フォーム
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。